日本通運引越し単身

日本通運引越し単身でスムーズに引越しました

 

日本通運引越し単身を利用しました。

 

単身だったので荷物も多くなく、滞りなく終わりました。

 

良かった点としては渋滞があまりなかったためか、移動の時間が当初予定として申告されていたよりもかからず、結果として早い時間に終わったために部屋で荷物の整理の作業に早く取り掛かれたことです。

 

トラブルというほどではないのですが、少し困った点としては、壊れやすいものも普通に梱包していたため、移動中のトラックの中、もしくはトラックから部屋まで運ぶ途中の振動で中身が壊れていないか心配だった点です。

 

結果として特に壊れたりはしていなかったのですが、どのように作業員さんが運んだりして扱われるのか知らなかったので最後の方で走りながら物を運んでいる状況を見て冷や汗をかきました。

 

壊れやすいものは予め作業員さんに注意して扱ってもらえるよう伝えておくといいですね。

 

家具など大きいものを新しく買ったりする場合は将来引越するときのことも考えて、部屋の導線や建物入口から部屋までの動線も考慮したほうがいいかもしれません。

 

人が作業するので間違いも起こりますし、壊れたりぶつけられたりで一時的にも困るのは自分です。

 

後、荷物の梱包や解きには意外と時間がかかるので引越し日の翌日も休みであることが望ましいです。

 

あとは好みの問題ですが、引越し先である程度荷物をほどいてしまうと後からレイアウトの変更などをやるのは大変です。

 

事前に物を置く場所やスペースの配分など余計に見積もっておいたほうがよいと思います。

 

広い分にはある程度移動させたりすることも融通が利きますが、思ったより狭いと動かすのも大変です。

 

余談ですが、博多出身の私は、引越しの挨拶に博多あごおとしを贈りました。

 

引越し当日の夕方指定でクール便で取り寄せて、届いた博多あごおとしをそのまま持ってお隣さんへご挨拶に行きましたが、今考えると生物はちょっとした賭けでしたね。

 

となりの人が長期お留守だった場合を考えると、乾き物とかがよかったですね。

 

でもほんとうに博多あごおとしは美味しいので、喜んでくれたと思います!